同性に嫉妬されやすい 嫌がらせ

同性に嫉妬されやすい!嫌がらせを受けたらどうする?

スポンサーリンク

同性に嫉妬されやすい!嫌がらせを受けたらどうする?

 

同性に嫉妬されやすいことで悩むことってありますよね。「嫉妬するならむしろされる立場になりたい」と思うこともありますが、相手からの嫉妬がひどくなって嫌がらせを受けることにまでなると、さすがに嫌になるでしょう。

 

今回は、同性からの嫉妬で嫌がらせを受けたらどうすればいいか、お話しします。

 

まずは、相手にしないことです。一番簡単なことですが、頻繁に嫌がらせをされると常に相手のことが気になってしまうものです。皮肉なことに、相手のことを気にすればするほど、相手への意識が向いてしまいます。そんな態度が無意識的に相手に伝わって、相手からの嫌がらせが止まらなくなってしまうのです。それは嫉妬させるあなたが悪いわけではありませんので、お気を悪くなさらないでくださいね。

スポンサーリンク

嫉妬した挙句に嫌がらせをする相手を気にするということは、相手と同じステージにいることに等しいのです。あなたはそんなステージの人間ではないので、嫌な気持ちになったら何か好きなことをして気分転換をしてみてください。好きなことを考えてワクワクするのもいいですね。嫌なことをされた気持ちを和らげ、どんどん機嫌良くなっていきましょう。嫌なことを考える時間をどんどん少なくしていくことで、相手の方から去っていってくれますよ。

 

そして、嫉妬されるからといってご自分を卑下することだけはしないでくださいね。嫉妬される人に多いのが、「自分に問題があるからではないのか」と思って自分に自信をなくし、相手のご機嫌を伺いながら生きるようになってしまうことです。でも、嫉妬はその人が自分にないものを他人が持っていることに憤ってするもので、あなたは何も悪くないのです。嫉妬するのは嫉妬する人の心の問題なのです。

 

それでも嫌がらせが止まらないようであれば、毅然とした態度にでるのもいいでしょう。周りに理解者がいるのなら、あらかじめ味方を作っておくのもいいですよ。いくら嫉妬しても嫌がらせをしていいわけではありませんからね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加