女性の嫉妬 心理学

女性の嫉妬を心理学から考えてみる

スポンサーリンク

 今回は女性の嫉妬を心理学から考えてみることについてです。
 「しっと」を漢字で書くと「嫉妬」と書きますが、女編がつくことがわかります。漢字から女偏がつくほど、女性はよく嫉妬をするといわれています。あなたと交際しているある女性が、ちょっとあなたがほかの女性と親しげにしていたら機嫌が悪くなったりすることはありませんか??また、仕事が忙しくて、連絡が取れないと拗ねてきたりするこもありませんか??このような女性の嫉妬心の強さにびっくりした経験のある男性も多いことだと思います。
 少しくらいの女性の嫉妬であれば、可愛いなと思える余裕のある男性もいると思います。しかし、あまりにも嫉妬されると、なんだか憂鬱な気分や嫌な気持ちになることもあると思います。どうして、女性はこのように相手に不快感を与えるくらい嫉妬してしまうのでしょうか?その女性の嫉妬する理由について、心理学の点から女性の嫉妬を考えてみました。

 

 嫉妬という感情自体は、心理学上では劣等感から生じるものだとされているのです。最近話題になった、女性のマウンティングなどから見るとよくわかります。人間は、女性に限らず、心の中で相手と自分を見比べているのです。そして、どちらが上か下かを判別しようとするのです。相手が自分より下であれば優越感を感じます。しかし、相手が自分より上に感じれば、劣等感を感じてしまうのです。ほとんどの場合は、このような劣等感という気持ちから嫉妬が生じてしまうのです。

スポンサーリンク

 さらに、嫉妬には「私が一番なのに」という自己顕示欲も関わってきます。どんな人間であっても、最終的には自分が一番大事で可愛いものです。そのため、自分以外の人間が自分よりいい環境に恵まれ、充実していることが許せないという心理が働いてしまうのです。嫉妬してしまう心理の裏には「私の方が○より上です!」という心理が隠されている傾向があるのです。

 

 特に、女性は男性よりもこのような傾向が強くみられます。交際中に、男性がほかの女性と親しげにしていたとします。そうするだけで、「あの女どうして彼に近づくの?」と思ってしまうのです。また、その女性の方が自分より魅力的ならなおさら嫉妬心を燃やしてしまうのです。さらに、男性が仕事で忙しくて女性に連絡できないでいたとします。そうすると、女性としては男性がが彼女より仕事が大事にする人間なんだと思うこともあるようです。よく耳にする「私と仕事のどっちが大事なの?」という言葉は嫉妬心から来ているともいえます。

 

 自分が一番大事だと思う心理はどんなに内気で控えめな人でも同じです。その気持ちがないがしろにされると、何だか心の中でもやもやしてしまいます。そのモヤモヤ感が嫉妬心につながることもあります。男性としてはちょっと困ったものだと思うでしょう。しかし、女性のケアをしっかりしてあげれば、女性の方も嫉妬深くなくなることもありますよ☆

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

嫉妬深い人の心理とは
嫉妬しない方法や恋愛・同性・片思い・職場・友達についての嫉妬いろいろです。
嫉妬させる女性心理
嫉妬しない方法や恋愛・同性・片思い・職場・友達についての嫉妬いろいろです。
恋愛での女性心理と女性の嫉妬の関係
嫉妬しない方法や恋愛・同性・片思い・職場・友達についての嫉妬いろいろです。
女性が嫉妬ややきもちをやく心理
嫉妬しない方法や恋愛・同性・片思い・職場・友達についての嫉妬いろいろです。