嫉妬 嫌がらせ 対処法

嫉妬による嫌がらせの対処法

スポンサーリンク

嫉妬による嫌がらせの対処法

 

学校や職場、恋愛など、いろいろな環境で嫉妬という感情を見ることができます。ただ嫉妬する気持ちを心の中に秘めておいてくれれば問題はありませんが、中には嫉妬心から嫌がらせをする人もいますよね。実際、嫉妬による嫌がらせでストレスに悩むこともあります。

 

では、こうした嫉妬による嫌がらせにはどう接していけばいいのでしょうか。今回は環境ごとに分けてお話していきます。

 

学校や職場など、周りの人間のいる中での嫉妬は、とりわけ厄介なものです。女性ならママ友の付き合いでも嫉妬心からの嫌がらせなどに遭遇することがあります。一人の嫉妬ならまだしも、他人を巻き込んで嫌がらせをしようとする人もいるので、被害者になるとかなり大変です。ありもしない噂を広められたり、貴重品を隠されたり、周りが見ている中でひどいことをしたりと、こうした嫌がらせはいじめに近い形です。

スポンサーリンク

こうした嫌がらせには、なるべく関わらないのが一番です。仕返しをしたり、上手く言い返そうと考えたりするだけ逆効果です。嫉妬による嫌がらせをする人は、自分の嫉妬心を隠すために相手を悪者に仕立てようとします。こういうタイプの人は、相手にするだけで損でしかありません。

 

余りにも嫌がらせがひどい場合には、毅然とした態度でやめるように言いましょう。周りの目があるときに「そういうことは不愉快なのでやめてください」とはっきりと伝えるとより効果的です。

 

恋愛や友人関係などの一対一の関係でも、嫉妬による嫌がらせがあります。はっきりとしたタイプではありませんが、何につけても自分の優位性をアピールするなど、曖昧なタイプのモラルハラスメント、というところでしょうか。こういうタイプの人といると、知らぬうちに自分でも身動きがとれなくなります。ほかの友人などに意見を聞き、精神的な負担が大きいのであれば関わりを持つことをやめたほうがいいでしょう。

 

嫉妬はほとんど誰しもがするものですが、それを表に出して嫌がらせする人は迷惑ですよね。対処法としてはなるべく関わらないか、毅然とした態度で臨むかどちらかです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加