嫉妬深い ママ友

嫉妬深いママ友にはどう接する?

スポンサーリンク

 嫉妬深いママ友にはどう接する?

 

女性の人生には、嫉妬がつきもの。特に女性はお互いの容姿や配偶者のスペック、子供の成績や将来性などで格付けをするのが好きなので、自分より上の人間には嫉妬しやすい傾向があります。

 

こうした格付けや嫉妬が起こりやすい場は職場や学校などでもそうですが、ママ友の世界でも切っては切れないものです。中にはとりわけ嫉妬深いママ友がいて、異常に執着してきたりあることないことを周りに言いふらしたり・・・と、子供じみた嫌がらせをしてくることがあります。そのせいでママ友付き合いが億劫に感じるママも少なくないことでしょう。

 

しかし、子供のためにもなるべく円滑なママ友関係を築いていきたいものですよね。そこで、嫉妬深いママ友にどう向き合うかについて考えていきましょう。

スポンサーリンク

一番いいのは、さらりと受け流すことです。あなたの境遇がほかのママ友よりいいことも、子供の成績がいいことも、決して後ろめたく思うことはないのです。この場合の嫉妬は自分に持っていないものへの裏返しの感情ですから、気にせずに堂々としているといいでしょう。他人に執着して嫌がらせをしていては決して幸せになれないので、損をするのは嫉妬しているママ友なのです。

 

そこまで嫌がらせがひどくないのなら、多少はこちらも仲良くなる努力をしてみるのがいいかもしれません。相手の子供の良いところなどを見つけて、褒めてあげるといいでしょう。嫉妬深いママ友は自分の境遇や子供のことに自信がなく、コンプレックスから嫉妬や嫌がらせをします。「あなたにもいいところがある」と褒めてあげることで、自信がついて仲良くなれる場合もあります。

 

しかし、もし嫉妬による嫌がらせが度を越えたり、子供にまで被害が及んだりする場合は強気に出るようにしましょう。いくら嫉妬でも何をしてもいいわけではありませんし、子供にまで悪影響が出るのなら尚更です。本人に正直に訴え出るか、それでも解決しない場合は幼稚園や学校などに相談してみるといいでしょう。目に見える被害があれば警察に被害届けを出しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

関連ページ

女性の嫉妬の特徴と交わし方
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
可愛いママ友が嫉妬されやすいのは何故?
嫉妬しない方法や恋愛・同性・片思い・職場・友達についての嫉妬いろいろです。