嫉妬 対義語 同義語

嫉妬の対義語、同義語とは?

スポンサーリンク

嫉妬の対義語、同義語とは?

 

これまで、男性や女性の嫉妬、その対応等について色々とお話してきました。ではここでちょっと一休みして、嫉妬についての軽い雑学などをご紹介します。

 

ここでは、嫉妬の対義語、同義語についてお話していきます。

 

嫉妬の対義語、といいますと、これはなかなか難しいお題なのかもしれません。嫉妬といってもいろいろな意味合いがあるので、どの文脈で使われているかによって、反対の意味も変わってくるからです。

 

ただ自分が持っていないものを相手が持っていることに対しての嫉妬であるならば、「羨望」という意味がいいのかもしれません。嫉妬だとマイナスな感情になりますが、羨望だと純粋に羨ましい、いいなあとのニュアンスに変わってきます。

 

感情としての嫉妬の性格を考えると、「無関心」というのが当てはまりそうですね。一度嫉妬するとその人のことが頭から離れなくなりますので、反対の意味としての無関心は面白いですね。

スポンサーリンク

こうして見ると、嫉妬の対義語はなかなか面白いですよね。反対な言葉を常に意識するようにして、嫉妬しやすい自分を抑えるために用いるのがいいのかもしれません。

 

反対に、嫉妬の同義語として良く用いられるのが「やきもち」ですね。これは昔から使われてきた言い回しです。嫉妬することを「妬く(やく)」ともいうことから、洒落で「やきもち」となった、という説が有名です。嫉妬して膨らんだ顔が焼いた餅に似ているから、という説もあります。嫉妬からやきもちに変わると、響きが穏やかになってきますね。

 

「ジェラシー」など、恋愛系になるとちょっと色っぽい響きになることもあります。嫉妬をジェラシーに置き換えるだけで、ロマンチックな意味合いになるのが面白いですね。

 

悪意を持った嫉妬の同義語としては、憎悪やルサンチマンなど、響きが物騒なものに変わってきます。弱者が強者に抱く思いなどを表現するときに用いられていますね。

 

こうしてみると、嫉妬の様相やイメージがよりはっきりと見えてきます。嫉妬しやすい人はこういうふうに置き換えて、ご自分を客観視してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加