彼氏 嫉妬 エピソード

彼氏に嫉妬されたときのエピソードあれこれ

スポンサーリンク

彼氏に嫉妬されたときのエピソードあれこれ

 

恋愛ごとになるとよく耳にするのが、彼女からの嫉妬。「女性って本当に嫉妬深いな」と思われがちですが、これは男性に至っても同じことです。

 

意外なことにも、男性の嫉妬の方が嫉妬深かったりするのです。ここで、女性から寄せられた、彼氏に嫉妬されたときのエピソードをご紹介します。

 

「ほかの男性と話していたら、彼氏の機嫌を損ねてしまった」、というのはよく聞きますね。女性にとって、自分の彼氏がほかの女性と仲良くしていたら嫌なように、逆の立場でも同じことが起こり得るのです。「あいつといる方が楽しそうじゃん」などと言われて、女性がげんなりすることもあります。ひどいときには店やレストランなどの店員さんと話しているときでさえ嫉妬する男性もいるそうです。自分以外の男性と接触を持つのは一切許さないとばかりに、彼女を監視する男性も。

スポンサーリンク

「アルバイトをしているときに職場に彼氏が来て、ほかの男性と話していないか見張られた」という話もあります。その女性はカフェでアルバイトをしていたのですが、彼女のシフトがある日は彼氏がいつもやって来て、彼女の様子を監視していたのだとか。当然仕事上男性とも接しなければいけないので、バイトの後は彼氏からのモラハラに悩まされたそうです。

 

こうしたモラハラは、最初は愚痴を言われる程度ですが、次第にエスカレートするケースが多いのです。暴力に発展して大怪我をすることもあるので、彼氏の嫉妬には要注意です。

 

「元彼についていちいち聞いてきて、自分と比べたがる」、嫉妬心を元彼に当てつける彼氏もいます。元彼の学歴や身長、外見や仕事などをいちいち聞いてきては、何につけても自分が上でないと気が済まないタイプですね。でもそれは嫉妬心から来ているものなのです。

 

いかがでしょうか?男性の方が女性より独占欲が強いので、一旦嫉妬すると大変だったりします。「まさか自分が」と思う男性も多いかとは思われますが、実は彼女から「うちの彼氏が嫉妬深くて困る」と思われていることだってありえるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加