可愛い ママ友 嫉妬

可愛いママ友が嫉妬されやすいのは何故?

スポンサーリンク

可愛いママ友が嫉妬されやすいのは何故?

 

結婚して子供が生まれると、ママ友同士のお付き合いが欠かせなくなります。情報交換のためにも子供の環境のためにも、なるべく円滑なママ友関係を築きたいものですが、なかなかそうもいかないのが現実。ドラマが作られるほど、ママ友の付き合いって、結構ドロドロしていますよね。

 

そのドロドロの原因は何かと言うと、女性特有の嫉妬心がほとんどです。女性は事あるごとに格付けしあうのが好きなので、自分より上の人間がいると嫉妬心があらわれるようです。ご主人の職業や収入もそうですが、可愛くて美人なママ友は嫉妬の対象になりやすいとされています。

 

可愛い女の子、美しい女性はママ友の間だけでも嫉妬のターゲットとなります。とにかく美人は何につけても得なので、そうでない女性にとっては鼻持ちならないものです。その気持ちが悪い方向に行って、美人や可愛い女性に嫉妬をあらわにする・・・なんてことはよくあることです。

スポンサーリンク

これらの背景はもちろんですが、可愛いママ友が嫉妬されやすいのにはほかの理由もあります。ママになると、特に子供が幼いうちは身の回りのケアをする余裕がなくなります。すっぴん状態で出かけるママも多いことでしょう。それでも美人は素敵ですから、飾らなくても見栄えがするということで嫉妬されてしまうのです。特に旦那さんに「子育て中だからでも身なりに気を使えよ、〇〇さんの奥さんはちゃんとできてるぞ」などと言われると、何とも言えなくなりますからね。

 

子供が可愛い、というところでも嫉妬の対象となります。ママが美人なら子供だって可愛い、というケースが多いので、ついつい自分の子供まで格付けされた気分になるのでしょう。まだ幼い子供まで格付けするママ友の世界、恐ろしいですよね。

 

いかがでしょうか?ママ友の世界は結構嫉妬心でドロドロです。それが原因でママ友いじめが起こることさえあります。嫉妬の対象にされたら立場的に辛いですが、いちいち間に受けていたら子供のために悪影響です。ここでは心に余裕を持ち、なるべく相手にしないのがいいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

女性の嫉妬の特徴と交わし方
お葬式やお通夜などの香典のマナーについてです。
嫉妬深いママ友にはどう接する?
嫉妬しない方法や恋愛・同性・片思い・職場・友達についての嫉妬いろいろです。